2009年08月04日

「ボラット」のサシャ・バロン・コーエン、次の標的はユーロビジョン?

イギリスのタブロイド紙 The Sun によると、映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」でボラットを演じたイギリスのコメディアン、サシャ・バロン・コーエン(Sacha Baron Cohen)は、ワーキング・タイトル・フィルム社プロダクションによるユーロビジョンをモチーフとしたコメディ映画を製作中だと報じられました。2011年に公開予定。

It’s Sacha Baron Croon - The Sun
 http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/2568022/It-will-be-Sacha-Baron-Croon.html
Baron Cohen plans Eurovision movie? - Digital Spy
 http://www.digitalspy.co.uk/movies/a168959/baron-cohen-plans-eurovision-movie.html
Cohen Set To Step Up To Eurovision Mic - IMDb
 http://www.imdb.com/name/nm0056187/news#ni0908930

サシャ・バロン・コーエン
 http://ja.wikipedia.org/wiki/サシャ・バロン・コーエン
 http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=514523

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
 http://movies.foxjapan.com/borat/
ブルーノ(2010年3月日本公開予定)
 http://bruno-movie.jp/
posted by ryouseki at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

セルビア、5月11日に総選挙

セルビア大統領が議会解散 コソボ巡り5月に総選挙
(2008年03月13日20時38分)
 http://www.asahi.com/international/update/0313/TKY200803130380.html

セルビア大統領選の数日後にコソボが独立宣言。その数日後に開催予定だったセルビアの国内大会が延期になったのは記憶に新しいところ。

総選挙の結果がどうであれ、その結果に不満なひとたちにとっては「ユーロビジョン」というのはいい標的になってしまうんじゃないかと不安になってしまいます。ただの杞憂だとは思いますが。
posted by ryouseki at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

ロシアとグルジア

グルジア:「領空侵犯」めぐりロシアと緊張高まる
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070827k0000m030032000c.html

ロシアとグルジアは国境を巡って昔から対立してるけれど、最近はそれが激しくなっているんだとか。

ユーロビジョンのように、こういった政治的に対立している国同士が一堂に会して平和的に競い合う、というのは考えてみればとても奇妙なこと。

でも、国家レベルでいがみあっているからといって、国民レベルでもいがみあっているかといえば、必ずしもそうでもないように思います。少なくとも、国民の不満を「外の敵に向ける」こと「外に敵を作る」ことで解消するという安易な方法をとっていない国では、ね。

ユーロビジョンがそういった国家間の争いの解消に何らかの形で役立って欲しいとは思うものの現実には難しいですね。でも、殺しあうことのむなしさをよく知っているヨーロッパの人たちなので、平和的な解決策をかならず見つけ出してくれると信じています。記事を読む
posted by ryouseki at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

エリツィン前大統領死去

エリツィン前大統領、死去 - ロシア
(2007年 04月 23日 22:56:18)
 http://www.afpbb.com/article/1536343

エリツィン前露大統領死去、各国の反応 - ロシア
(2007年 04月 23日 23:05:46)
 http://www.afpbb.com/article/1536360

エリツィン前大統領死去の報に、モスクワ市民は - ロシア
(2007年 04月 24日 12:48:24)
 http://www.afpbb.com/article/1537314

ボリス・エリツィン - ウィキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/エリツィン

海外では「ソビエト連邦を崩壊させたひと」として良くも悪くも評価されることが多いようですが、ロシア国内ではよろしくない評判ばかりのようです。
とはいえ、彼がソ連を解体したことがその後の世界に多大なる影響を今も与えていることや、40ヶ国を超えるユーロビジョンの大所帯にも大きく結びついていることも間違いない事実でしょう。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by ryouseki at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

トルコ、EU加盟のネックは

やはりキプロス問題が大きいようです。
(感情面では、イスラム教の国であるというのがあるようですが)

1999年8月にトルコで翌9月でギリシャで起こった大地震への相互の救援活動がきっかけで両国の垣根が低くなった、と聞いています。これが両国の関係に水を差さなければいいのですが。

トルコ加盟交渉、EUが一部凍結 キプロス問題巡り対立(asahi.com)
posted by ryouseki at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする